年間活動計画

活動目標

「人と生き物が入り会うコモンズ村・ふじわら」づくり

活動方針:合言葉は「飲水思源」

1.都市や地元の一般市民が気軽に参加できるプログラムとし、上ノ原の茅場とミズナラ林を
保全・整備。 日帰り参加も歓迎とする。
2.古道や古民家の整備などを通して、奥利根・藤原地区の自然・文化・風景にふれあう機会を提供する。
3.藤原地域の行事に参加するなどして地域の生活維持のお手伝いをする。
4.児童生徒の自然学習などをお手伝いする。

 

活動 主要行事抜粋 「一般参加歓迎プログラム」および「東京楽習会」

※新型コロナまん延に伴い、それぞれ変更・中止の可能性あり。

4月 17日(土)総会  → 書面ベースに変更
5月 1日(土)2日(日)定例活動①野焼き・山の口開け 

(未定:麗澤中学校樹木観察会)

6月 12日(土)、13日(日) 遊歩道整備と生物モニタリング調査

(遊歩道整備、シカ被害対策、希少種等生育状況の調査、生態調査)

27日(日)(武尊山山開き)

7月 17日(土)、18日(日)防火帯刈り払い、草原・歩道整備
8月 1日(日) (武尊山例大祭)

8日(日)下流部会活動・日光茅ボッチの会交流(日光)

20日(金)(藤原区民祭)

21日(土)(藤原湖マラソン前夜祭、花火大会)

22日(日)(藤原湖マラソン大会)

9月 4日(土)、5日(日)群馬県民優先プログラム:里山でリトリート(ゆるぶの森&諏訪神社)

5日(土)(諏訪神社例大祭:中区主催)

10月 2日(土)3日(日)ミズナラ林整備

(伐採、搬出、薪割り、キノコの駒打ち)

30日(土)、31日(日)茅刈り・茅刈検定

30日(土)〜11月7日(日)茅刈ウィーク

(未定: 麗澤中学校フィールドワーク)

11月 20日(土)、21日(日)茅出し・山の口終い

(茅搬出、山の口終い行事、キノコの駒打ち、炭焼き)

12月
1月 未定: 流域活動:小貝川、菅生沼の野焼 (於、茨城県常総市)
2月
3月 12日(土)、13日(日)キャンドルナイト・雪原トレッキング

(かまくら設営、ボタ作り、雪原散策・冬芽観察、茅スグリ、メープルシロップづくり)

【通年】

茅、草原内希少植物の生育状況モニタリング、(生き物写真コンクール検討)

首都圏部会中心に楽習会を2-3回実施

藤原小中学校との協働 (希少種の栽培)

NPO奥利根地域ネット側面支援(自伐型林業、古民家整備・利用促進、藤原学再興など)

全国草原サミット・シンポジウムin東伊豆(9月26日予定)

流域の環境保全活動の団体との交流、日光茅ボッチの会

(ボッチづくり支援(6月又は9月詳細未定))

自伐林業との相互交流(機会あれば、会員が自伐林業イベントに参加)

地域貢献活動(明川さくらの里の草刈など)

車座講座の実施(定例活動の交流会で実施して参加者へ付加価値付与)

連携団体への上ノ原来訪・利用呼びかけ

【摘要】

1.野焼きは、除雪をしないで行う。野焼き事前準備、防火帯整備。

2.茅刈り新規参入者対策:自伐型林業の研修参加者にアナウンス。